相続人の受給資格

B型肝炎に感染した人たちは、一次感染者や二次感染者、三次感染者というように区分されています。本来給付金は、それらの三次感染者まで対象となるのですが、実はB型肝炎で家族を失ったという相続人と呼ばれる方も給付金の対象となっています。

しかし、意外とこれらの事実に関しては、知らないという方が多く、気付かずにそのまま放置されている方もいるのです。実際にB型肝炎に感染した本人は、集団予防接種などで感染することが多いです。そこから、感染した人が母親なり父親になることによって子供たちに感染することもありますし、それらの感染者からさらに他の人に感染することもあります。

本来、B型肝炎給付金に関しては、それらの方だけに給付されるものだと思っている方も多いです。ただ、B型肝炎で亡くなった家族がいるという方は、それらの点を加味して給付金を得られることもあるのです。実際に知らないと損をするだけなので、これらの知識は身に付けておくことをおすすめします。

なお、近年はそれらの給付金に関して、正しい知識でサポートしてくれる事務所なども多くなっています。特に法律事務所や弁護士事務所での対応が加速しているので、興味があるという方、特に自分がB型肝炎の相続人なのかもしれない場合は、相談してみてください。

B型肝炎で給付金請求

関連リンク→B型肝炎訴訟
https://www.adire-bkan.jp/